漆田城・中御所館
 
 
御所天満宮
所在地 長野県長野市中御所
遺構 消滅
現状 御所天満宮
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
鎌倉時代 漆田氏が居館を構える
文明9年(1477) 栗田氏に攻められ落城し漆田氏は滅ぶ
 
参考 中部の城/小学館・長野市史/長野市
 
 源頼朝が善光寺を参詣したときに漆田氏が頼朝を迎えるために建てた館が中御所の地名の由来となっている。漆田館はそれからも信濃守護の館として使われた。そうなると漆田氏はどこに住んでいたのだろうと思ったが、いろいろ調べてもわからなかった。善光寺は神仏の加護もなく幾度も戦乱の舞台となった。そのために漆田館も争いに巻き込まれている。室町時代には在地土豪の連合と信濃守護小笠原氏が漆田を舞台にして何度も戦った。挙句の果てに善光寺別当の栗田氏に攻め落とされている。
 上杉謙信の春日山城を訪ねてみようと長野駅で友人と待ち合わせた。自分は早めに着いて善光寺詣りと長野駅周辺の城跡を訪ね歩いてみた。善光寺の隣にある横山城に立ち寄ったあと、近かったから漆田館を訪れてみたのだが、中御所という地名が残る場所は住宅が建ち並ぶだけだった。その中に居心地が悪そうな小さな神社があった。御所天満宮という神社が漆田館のあった場所らしい。散歩中の人が区画整理で今の場所に移されたことを教えてくれたのだが、ずいぶんと罰当たりなことをしたものだと思った。
 遺構はないし案内板もない。守護館としてはぞんざいな扱いをされている。駅前再開発に伴う発掘調査では居館跡の遺構が検出されたらしいが、その発掘成果というものを自分は目にしていないので館の規模などはわからない。最近は駅周辺の再開発が盛んに行われているが、どこもかしこも画一的というか殺風景というか、その土地の特色が失われてしまい残念だ。地方の駅というのは独特の雰囲気があって好きだったが、今では長野だろうが、岐阜だろうが、みんな同じような風景となってしまい東京や埼玉と変わらなくなってしまった。
2013/10/15
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・信越本線・長野電鉄長野線「長野」下車
館跡までは徒歩15分程度