海津城・貝津城・待城・松城
 
 
本丸跡の石垣と水堀
所在地 長野県長野市松代町松代
遺構 郭・土塁・空堀・水堀・石垣
現状 海津城跡公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 国指定史跡
 
永禄3年(1560) 武田信玄が海津城を築く
永禄4年(1561) 川中島の戦いで武田軍の本営となる
天正10年(1582) 武田氏が滅び森長可が入封
慶長3年(1598) 田丸直昌が4万石で入封
慶長5年(1600) 森忠政が13万石で入封
慶長8年(1603) 松平忠輝が14万石で入封
元和5年(1619) 酒井忠勝が10万石で入封
元和8年(1622) 真田信之が13万石で入封し明治維新まで真田氏の居城となる
参考 城郭と城下町/小学館・中部の城/小学館
 
 
本丸跡の石垣と水堀 橋詰門と前橋 太鼓門
北不明門 本丸跡の土塁と石垣 本丸跡の石垣
本丸跡の石垣 本丸跡の石垣 二の丸跡
埋門 百間堀跡 新堀
 
 やはり海津城と呼ぶほうがしっくりくる城だと思う。映画の風林火山でまだ幼い中村勘九郎が武田勝頼を演じ、山本勘助を三船敏郎が演じていた。武田信玄は萬屋錦之介だった。今の時代ではとても揃えられないような豪華キャストだ。城跡の城址碑にも海津城と刻まれている。
 川中島古戦場は一度は訪ねておきたい場所だった。高校時代の友人と真夏に車を飛ばして出かけてみた。暑い日だったが長野インターチェンジで下りて八幡原史跡公園へ向かうときは激しい雨だった。松代城へ着いたときには雨も上がり青空が広がった。僕が訪れたときには復元工事も終わり、堀は水を湛えいくつかの城門が復元されていた。正直言って復元された建造物などはどうでもよかった。ただ、石垣の上から川中島の風景を眺めるだけで旅の目的は達成されたように思う。霧が立ち込める中、別働隊を見送る武田の将兵たち。突然、眼前に現れた越後勢。兄を守り壮絶な戦死を遂げた武田信繁と山本勘助。もぬけの殻の妻女山から必死に取って返す高坂弾正。蝉時雨の中でそんなことが次々と浮かんでは消えた。
2006/07/15
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・信越本線・長野電鉄長野線「長野」下車
川中島バス「松代」行きで「松代駅」下車
城跡までは徒歩5分程度