西条城・象山城
 
 
石積み
所在地 長野県長野市松代町西条
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 標柱
史跡指定  
 
天文年間(1532〜55) 西条氏が築く
 
参考 戦国武田の城/有峰書店新社
 
 
象山神社から西へ歩くと尾根先端に登山道入口がある
麓からの傾斜はそれほどきつくなかった
20分も歩くと城域へ着く
石積みがよく残る城だが真新しいような石もあった
地元の人に聞いたら地震で崩落したために
積み直した部分もあるらしい
言われてみれば松代は地震が多い場所だ
真夏だったので遺構は草に埋もれていたので
あまりじっくりと見ることができなかった
 
二の郭跡 石積み 主郭跡の石積み
腰郭の石積み 地下の松代大本営跡 城跡からの眺望
 
 川中島の古戦場と松代城を巡ったあと、手持ちの地図を見ると標高476mの象山に竹山城と書き込まれていた。そういえばこの山は城だったなと登ることに決めた。とにかく暑かった。雨上がりだから湿度が高くなり余計に暑さを増幅させた。
 ハイキングコースはそれほど傾斜もなく快適だった。それでも暑さは変わらない。都会では聞いたことのないようなセミの鳴き声がする。家に帰ってから調べてみたらエゾゼミらしい。城跡は夏草に覆われていたから分け入って遺構を確かめるようなこともせず、石が積まれていたこと以外はあまり覚えていない。もう一度行きたいかと聞かれたら正直あまり食指が動かない城だったように思うのだが、他の方々が訪れたときの写真を見るとやっぱりもう一度訪れていろいろと確かめてみたい気持ちになった。
 山から下りたときには汗びっしょりで、さすがに真夏の山城は堪えるなぁなどと思いつつ歩いていると松代大本営なる看板が見えた。太平洋戦争中に日本軍が空襲の激しくなった東京から首都を移転させるべく地下に大本営を築こうとした戦争遺跡だ。中へ入ると一気に冷却された。吐く息が真っ白で体を伝っていた汗が瞬時に引いたような感覚だった。竹山城のことよりもこちらのほうが強く印象に残っている。
2006/07/15+
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・信越本線・長野電鉄長野線「長野」下車
川中島バス「松代」行きで「松代駅」下車
登山道入口までは徒歩10分
城跡までは徒歩20分程度
特記事項