石積み
所在地 長野県長野市松代町大室
遺構 郭・土塁・堀切・石積み
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 大室氏が築く
天正10年(1582) 本能寺の変後、大室兵部少輔は上杉景勝に仕える
慶長3年(1598) 上杉景勝の会津移封に大室氏も従い霞城は廃城となる
 
参考 信州の山城/信毎書籍出版センター
 
 
石積み 石積み 石積み
   
郭跡    
 
 本に載っていた霞城の石積みを見て絶対に見てみたいと思った。真夏の川中島古戦場に訪れたときに迷わずここを目指した。そのわりには大室集落に着いてからは迷いに迷った。ちょうど洗車をしていた地元の人がいたので霞城のことを尋ねると、にこやかに行き方を教えてくれた。大きな岩に出くわしたら左へ進むように言われたと思う。そこから先はほとんど覚えていない。夏の藪の中を蜘蛛の巣を掻き分けながら進むと、いつか本で見た石積みが唐突に出現したのだった。あのときは嬉しかったなぁ。当たり前だけど本と同じアングルだったから。正直言って石積みを眺めているだけで満足してしまい郭の配置とかはまるで覚えていない。
 昔は長野電鉄の大室駅から歩いて行ける距離だったけど残念なことに廃線となってしまった。もう一度見てみたいと思ってはいるが、長野市は遠いからなかなか再訪の機会は訪れないだろうと思う。一帯は石積みを用いた大室古墳跡として知られているけど、霞城はあまり知られていない。今はわからないけど、僕が訪れたときは道標も案内板もなかった。
2006/07/15
 
公共交通機関 地図リンク
長野電鉄長野線「須坂」下車
長電バス「屋代駅」行きで「大室」下車
登山道入口までは徒歩20分
城跡までは徒歩15分程度
特記事項