土塁
所在地 長野県長野市篠ノ井会
遺構 土塁・水堀
現状 古殿稲荷神社
目標物 標柱・案内板
史跡指定 長野市指定史跡
 
養和元年(1181) 木曽義仲が横田城を拠点として越後の城氏と戦う
応永7年(1400) 大塔合戦で小笠原長秀が布陣する
永禄4年(1561) 川中島の戦いで武田氏の家臣原大隈守が横田城を守備する
 
参考 横田城跡案内板
 
 
案内板 土塁 水堀
 
 横田城は古代環濠集落から発展したという説もあり、平安時代末期には築かれたという古い歴史を持つ城です。平氏打倒の挙兵をした木曽義仲が拠点のひとつとして重要視していました。地理的な重要性もあったためか、応永7年(1400)には信濃の守護大名小笠原長秀が村上氏と戦うために横田城に布陣し、川中島の戦いでも武田軍が兵を置いています。
 そのような歴史を持つ横田城も今では宅地化の波に呑み込まれてしまい、住宅地がひしめく中にひっそりとある古殿稲荷神社が祀られた土塁と用水路として利用されている水堀を残す程度となっています。歴史的由緒と重要性から長野市の史跡指定を受けているのは幸いです。
2006/07/15
 
公共交通機関 地図リンク
JR信越本線・篠ノ井線・しなの鉄道「篠ノ井」下車
城跡までは徒歩15分程度