山田城・砥沢城
 
 
城山公園
所在地 長野県千曲市上山田
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 城山史跡公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 千曲市指定史跡
 
大永4年(1524) 山田氏が築く
天文22年(1553) 村上氏から武田氏に寝返った屋代正国が荒砥城を与えられる
天正12年(1584) 屋代秀正、上杉氏から徳川氏へ内通。上杉軍の攻撃で秀正は逃亡し荒砥城は廃城となる
 
参考 城山史跡公園案内板
 
 
復元された石積み 郭跡 城跡からの眺望
 
 上山田温泉を見下ろす景勝地です。城跡は城山史跡公園として中世の山城をモチーフとした公園として生まれ変わりましたが、そのために本来の城跡は死んでしまったように見受けます。山城の石積みというよりはフランスの農家みたいですよね。
 この日は車だったので長野市から上田市にかけてをひた走りました。川中島と上田原のふたつの古戦場と関連する城郭を立て続けに見たわけで、荒砥城に着いたのは少し太陽が傾き始めた時刻でした。夏の花火大会だかで城山史跡公園は臨時休園とツキにも見放され、仕方なく柵ごしに公園内を眺めただけに終わっています。あらかた破壊されてしまった城ですが、郭や切岸はもともとの地形を活用しているとは思うので、恒久的な城跡の存続ということを考えるとこれはこれでアリなのかなとも思います。
2006/07/15
 
公共交通機関 地図リンク
しなの鉄道「戸倉」下車
城跡までは徒歩30分程度