館跡の石碑
所在地 長野県埴科郡坂城町坂城
遺構 土塁・水堀
現状 満泉寺
目標物 石碑・案内板
史跡指定 長野県指定史跡
 
南北朝時代 村上氏が居館を構える
天文22年(1552) 村上義清、武田氏の侵攻により越後へ落ち延びる
 
参考 信州の山城/信毎書籍出版センター・村上氏館跡案内板
 
 しなの鉄道の坂城駅北方にある満泉寺が村上氏の居館跡です。門前の道端にそれを示す石碑が建っています。館跡は武田信玄を脅かした北信濃の剛勇の居館にしては寂しい雰囲気ですが、館を囲む水堀が用水路として残り、土塁も僅かながら残っています。
2011/08/01
 
公共交通機関 地図リンク
しなの鉄道「坂城」下車
館跡までは徒歩15分程度