主郭跡の石積み
所在地 長野県埴科郡坂城町南条
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定 坂城町指定史跡
 
戦国時代 村上氏が築く
天文22年(1553) 武田氏の家臣多田満頼が城将を務める
天正10年(1582) 武田氏滅亡後、上杉景勝の支配地となり真田昌幸の持ち城となる
慶長5年(1600) 森忠政が兵を置き上田城の真田昌幸に備える
 
参考 和合城跡案内板
 
 
北麓から登山道があるがかなり傾斜がきつそうだ
自分は林道で尾根へ出て西へ下って訪れた
かなり道は悪いが麓から行くよりは楽だ
腰郭に鉄塔が建つ以外はほとんど完全に残っている
信州の山城ならではの石積みが最大の見どころだが
何より遮るもののない風景が素晴らしかった
それぞれの郭の削平もとても綺麗な城だ
 
和合城跡 尾根から見下ろす主郭跡 堀切
尾根上から見た郭群 三の郭跡 二の郭跡
主郭跡の土塁 主郭跡の石積み 城跡からの眺望
 
 村上氏の居城葛尾城へ向かうつもりだったが林道封鎖のために断念した。憤懣やるかたないとはこのことで、どこか目ぼしい城跡はないかと戦友と協議した結果、和合城へ訪れることとなった。地図で見ると尾根上まで林道がある。これなら少しは楽ができそうだと即座に決定した。
 だが、やっぱり悪路である。ガタガタの山道を砂塵を巻き上げながら登る。尾根近くに来たとき、目の前を二頭の大きなシカが横切った。まるで子どもの頃に見た野生の王国じゃないか。この様子だと熊がいてもおかしくないと、我々はリュックに鈴を装着して尾根を下った。どれぐらいの時間を歩いたかは覚えていない。ただ、木陰から和合城の主郭が見えたときの感動は今も忘れていない。西国のどこぞの天空の城よりずっとこっちのほうが天空に近い城だ。道中はオオムラサキやミヤマカラスアゲハが乱舞していた。そんな幻想的な世界に荒々しい戦国の山城が眠っていた。
 誰がしていてくれているのか、城跡は綺麗に草が刈られていた。本当に頭が下げる思いだ。豪快な石積みや深い堀切も見事だが、何よりもこの城は眺望がすこぶる良い。葛尾城はもちろん、出浦城や荒砥城も見はるかすことができる。真夏なのに頬を切る風が心地良い。それほど大きな城ではないのに長い時間ここで過ごしていた。小さい頃に秘密基地で遊んでいた頃のような気分に浸っていたのだと思う。冒険心が極限まで満たされた城だった。
2011/08/01
 
公共交通機関 地図リンク
しなの鉄道「テクノさかき」下車
登山道入口までは徒歩15分
城跡までは徒歩60分程度
特記事項