本丸跡
別 称 尼ヶ淵城・松尾城・伊勢崎城
所在地 長野県上田市二の丸
遺 構 櫓・郭・石垣・土塁・空堀・水堀
現 状 上田城跡公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 国指定史跡
訪問日 2005/07/16
2016/04/02
 
天文年間(1532〜55) 小泉氏が居館を構える
天正11年(1583) 真田昌幸が上田に新しく城を築く
天正13年(1585) 真田昌幸が上田城に立て籠もり徳川勢を撃退
慶長5年(1600) 真田昌幸が徳川秀忠の大軍を撃退が関ヶ原の戦い後に上田城は破却される
寛永3年(1626) 仙石忠政が上田城を再興
宝永3年(1706) 松平忠周が5万8千石で入封
明治4年(1871) 廃藩置県により廃城
 
参考 戦国の堅城2/学研
よみがえる日本の城/学研
日本の城を復元する/学研
城郭と城下町/小学館
 
 
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
徒歩10分
 
 
東虎口櫓門 二の丸跡の堀 本丸跡の水堀
南櫓 北櫓 西櫓
本丸跡の土塁 二の丸跡の石垣 真田石
真田井戸 尼ヶ淵の断崖 上田藩主邸跡
 
 上田城ば真田氏の代名詞とも言える城である。上田城の歴史からすると真田氏が統治した時期はほんのひと握りだが、人々の心にそんな印象を強烈に残すだけのことはある。徳川の大軍を二度も破りながらも、結局は大局の渦の中に呑み込まれてしまう悲運は日本人の判官びいきに大きく訴えかけるものがある。自分も同じであり、真田という言葉の響きにある種の憧憬を抱いていた。上田は何度か訪れているが、いずれも駆け足での訪問だったために時間をかけて見るということがなかった。三度目の訪問は泊りがけだったので早朝からゆっくりと歩くことができた。ちょうどその年はNHKで真田丸が放送されていたことと、桜の季節に重なったため多くの人で賑わっていた。
 関ヶ原の戦いが終わったあとに一度破却されているためにどこまでが真田氏時代の遺構かはわからないが、全体的な縄張りは変わらないと思う。石垣については江戸時代以降に積まれたのだろうが、現存する櫓と復元された櫓門が城跡を見事に彩っている。尼ヶ淵の跡から見上げる上田城は相当に高い崖の上にあったことがわかり、徳川勢が苦戦したのも無理はないと思った。城の北西は百間堀と広堀が囲む堅固な構えだったが、堀は埋め立てられ野球場などが建設されている。
 あまり人が多い時間帯の城跡は好きではないし、有名な城跡も好んでは訪れないが、城跡と桜はよく似合うものだということを痛感した。少し足を延ばすと上田高校の敷地となっている藩主邸がある。ここも水堀に囲まれた美しい場所だが、城跡公園のように訪れる人も少なく静かな時間を過ごすことができた。真田昌幸自慢の居城を時間をかけて歩くのは有意義だったし、徳川軍が慌てふためいた場所というのが何よりも痛快に思う。