尼ヶ淵城・松尾城・伊勢崎城
 
 
本丸跡
所在地 長野県上田市二の丸
遺構 櫓・郭・土塁・空堀・水堀・石垣
現状 上田城跡公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 国指定史跡
 
天文年間(1532〜55) 小泉氏が居館を構える
天正11年(1583) 真田昌幸が新たな居城として上田城を築く
天正13年(1585) 真田昌幸、上田城で徳川勢を迎え撃退する
慶長5年(1600) 真田昌幸、徳川秀忠の大軍を撃退するが関ヶ原戦後に改易され上田城は破却される
寛永3年(1626) 仙石忠政が上田城を再興する
宝永3年(1706) 松平忠周が5万8千石で入封
明治4年(1871) 廃藩置県により廃城
 
参考 よみがえる日本の城/学研・日本の城を復元する/学研・城郭と城下町/小学館
 
 
上田駅から北西へ10分ほどで着く
体育館のある小泉曲輪に小泉氏の居館があったが
それを取り込み真田昌幸が拡張し居城とした
徳川勢を2度に亘って撃破した難攻不落の城だが
尼ヶ淵が埋められた今は実感がなかなか湧かない
関ヶ原合戦後、真田氏は改易され城も破却されたが
江戸時代に藩主となった仙石氏が復興させた
現存する櫓3と復元された城門の調和が美しい
 
東虎口櫓門 二の丸跡の堀 本丸跡の水堀
南櫓 北櫓 西櫓
本丸跡の土塁 二の丸跡の石垣 真田石
真田井戸 尼ヶ淵の断崖 上田藩主邸跡
 
 歴史小説ファンなら多くの人が真田の名を聞くと胸をときめかせると思います。自分もその一人で真田という言葉の響きに憧憬を抱いていました。関東からそれほど遠くないこともあり、上田へは3度ほど訪れていますが、過去2回はかなり駆け足での訪問だったため、3度目は早朝からゆっくりと歩いてみました。ちょうど大河ドラマの放映時であり、桜の季節ということもあって朝から多くの人で賑わっていました。
 石垣がよく残り現存櫓がその上に乗っかっています。尼ヶ淵跡から見上げるとかなりの高さであることがわかります。城の北西は百間堀と広堀に囲まれた堅固な構えでしたが、尼ヶ淵と同様に埋め立てられているために徳川軍を2度も撃退した当時の要害ぶりは伝わりませんでした。それでも真田昌幸が徳川軍を相手に知略を駆使して守り抜いたのは紛れもない事実で、真田贔屓の自分にとっては痛快な気分で散策しました。
2005/07/16日・2016/04/02
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
城跡までは徒歩10分程度