常田堀ノ内・内城
 
 
科野大宮社
所在地 長野県上田市常田
遺構 消滅
現状 信州大学
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
年代不詳 常田氏が居館を構える
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 上田駅から歩いて20分程度、常田屋敷は信州大学あたりに構えられていたという。今は何も残らない。常田庄は平安時代から続く古い集落で常田氏は滋野氏の末裔だから真田氏とは同族となり、戦国時代には真田幸隆の弟隆永が常田氏の養子に入っている。隆永は兄とともに武田信玄に仕え、上州長野原城の守将に抜擢されたが、上杉謙信の後ろ盾を得たを旧領主斎藤氏の反撃に遭い戦死した。
 地名こそ残されているが、案内板すらも設置されていない忘れ去られた場所となっていた。ここを訪れたのはちょうど大河ドラマ「真田丸」に彩られた時期だった。街のあちこちに真田の赤い旗が靡いていたが、常田の街はそれにも取り残されているようだった。
2016/04/03
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
屋敷跡までは徒歩20分程度