竪堀
所在地 長野県上田市古里
遺構 郭・土塁・空堀
現状 岩門大日堂
目標物 案内板
史跡指定  
 
鎌倉時代 太田氏が築く
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 
古里地区の東南端、神川に臨む段丘上に築かれている
北東の鬼門に岩門神社があり往時はここも城内だった
主郭跡に古墳と思われる大きな塚がある
往時は櫓台として利用されていたのだろうか
岩門大日堂の北側にも土塁と空堀の痕跡が確認できる
 
土塁 土塁 土塁と空堀
 
 畑の中にぽつんと岩門大日堂があった。岩門城があったことを示す案内板がある。鎌倉時代に地頭として赴任した太田氏の居館が起源というが、詳しいことはわからなかった。武田信玄が村上義清を攻めたときに岩門城の城将は逃亡したと伝わる。地形がかなり改変されているために旧状を掴むのは難しいが、巨大な竪堀が今もあった。あとは土塁と堀の痕跡ぐらいしかなかった。
2011/08/01
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
上田市オレンジバス「神川・神科コース」で「岩門」下車
城跡までは徒歩5分程度