染屋城・大熊屋敷
 
 
土塁
所在地 長野県上田市古里
遺構 郭・土塁・空堀
現状 豊染英神社
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
天正11年(1583) 真田昌幸に仕えた大熊氏が居城とする
慶長5年(1600) 上田城の真田昌幸を攻めた徳川秀忠が布陣する
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 
豊染英神社が城跡なので探しやすい
その代わり遺構はそれほど残っていなかった
神社へ登ってくる坂が堀跡で
それ以外の堀跡も道として使われていた
小さな社が鎮座する場所が土塁跡
それ以外にはあまり見るべきものはない
 
主郭を廻る堀跡 空堀 二の郭跡
 
 上田駅から東へ約1キロ半の小高い丘上にある豊染英神社が染谷城跡だ。遺構はほとんど失われてしまい、わずかな土塁と道となった堀跡があるだけとなっていた。歴史はあまりよく伝わっていない。村上氏に仕えた土豪の居城だと思うが、それにしては伝承が残っていない。関ヶ原へ向かう途中に真田昌幸の籠る上田城を攻めた徳川秀忠が布陣したとされる。昌幸の変幻自在の戦法に翻弄された秀忠はここで何を思ったのか。
2011/08/01
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
城跡までは徒歩30分程度