堀切に残る石積み
所在地 長野県上田市殿城
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 矢沢公園
目標物 案内板
史跡指定  
 
戦国時代 矢沢氏が築く
天正13年(1585) 上田城合戦で矢沢頼定が徳川軍を相手に籠城する
元和8年(1622) 真田信之の松代移封により矢沢城も廃城となる
 
参考 矢沢城跡案内板
 
 
矢沢公園として整備されており駐車場もある
過剰な整備をすることなく遺構が保存されている
真夏の藪で見づらいが状態はとても良かった
堀切に土留めの石積みがわずかながら残っていた
 
西側の郭跡と切岸 主郭跡 二の郭跡
虎口 堀切 堀切
 
 真田氏の盟友矢沢氏の居城だ。真田幸隆の弟綱頼が矢沢氏を継いで矢沢城主となっている。兄に負けず劣らずの智謀に優れた武将だった。武田氏滅亡後は真田昌幸に臣従し上州沼田城代を務め、数回に亘る北条氏の攻撃を撃退している。
 綱頼の子頼康は上杉氏へ人質に出された真田信繁に従い越後へ赴いている。このあたりは大河ドラマでも描かれた場面だ。ドラマの三十郎はなかなか名演だったと思う。大坂の陣で敵味方に別れた信繁に向かって叫ぶ場面はかなりグッときてしまった。天正13年(1585)の上田合戦で頼康は矢沢城を守り徳川軍を相手に戦っているから、まるで兄弟のようだったドラマの設定は無理があると思うが、あれはあれでとても良かった。
、矢沢城は旧真田町の入口近くにある。神川を挟んで伊勢崎城があり、真田の里を守るような位置取りをしていた。城跡の矢沢公園はほとんど整備されていることがないのでありがたかった。真夏だったけど城の遺構はよく観察することができた。主郭周辺は藪に覆われて石積みがどこに残るかわからないままだったが、堀切の底部に残る石積みだけで十分満足した。
2011/08/01
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
上田交通バス「赤坂」行きで「殿城郵便局前」下車
城跡までは徒歩10分程度