御殿城
 
 
虚空蔵山城跡
所在地 長野県上田市上塩尻
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 標柱
史跡指定  
 
戦国時代 村上義清が築く
天文22年(1553) 武田氏の家臣多田満頼が守る
天正11年(1583) 上杉景勝が兵を入れ真田昌幸の上田築城を妨害する
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 標高1076m、比高差およそ650mの虚空蔵山が城跡。実に堂々とした山容であり、支尾根に無数の城砦を従えている。尾根先端にある和合城から虚空蔵山城までは2時間ほどを要するらしい。正直言ってとても登ろうという気にならない。こんな高くて険しい山に城なんぞ築かなくてもいいのにという気持ちで山頂を見上げるだけだった。
 天険を頼んだ山城だがそこそこ遺構はあるようだ。友人がまだ雪の残るこの城を落としたのを見て、一瞬だけ心に火が点いたが、すぐに鎮火した。おそらく登ることはないと思う。よっぽどのことがない限りは。
2011/08/01
 
公共交通機関 地図リンク
しなの鉄道「西上田」下車
登山道入口までは徒歩20分
城跡までは徒歩120分程度下車
特記事項