虎の口の石積み土塁
所在地 長野県上田市前山
遺構 郭・土塁・空堀・石積
現状 山林
目標物 石碑・案内板
史跡指定 長野県指定史跡
 
建治3年(1277) 北条義政が築く
天文22年(1553) 葛尾城を落とされた村上義清が旧領奪回のため塩田城に入る
天正11年(1583) 真田昌幸が接収した後に廃城となる
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版・塩田城跡案内板
 
 
前山寺から近い場所にある
標高844mの弘法山までが城域だが探訪は危険を伴う
城跡碑から虎の口と呼ばれる桝形までは遺構がよく残る
無数の段郭を連ねた単純な造りだが石積みが見られる
秋は松茸が採れるため入山禁止となるので注意
 
塩田城跡 空堀 段郭跡
石積 石積 石積
石積みの土塁 虎口跡 井戸跡
 
 執権北条氏の一門北条義政は塩田を本拠地としたが、その居館は鎌倉街道沿いの竹ノ内と呼ばれる場所に置かれていた。塩田城もその時代に築かれたとされているけど、本格的な築城は南北朝時代から室町時代にかけての村上氏が塩田を領有した時代らしい。
 坂城町から上田市街の城館探訪をしたときに立ち寄った。実は塩田城に対してそれほど魅力を感じていなかった。現地に来てみて思ったのは、陰鬱というか妖気が漂うような城ということだった。ただ、その築城様式は新鮮で面白かった。山頂や尾根上の砦はさすがに行こうとは思わないが、段郭と最奥の桝形を見るだけでも楽しめる城だった。そこに至るまでの道も上から見下ろすと微妙に折れ曲がっている。さり気ない防御の工夫にも感心することしきりだった。意外とみんな入口の石碑だけを見て帰ってしまうようだが、もう少し奥まで進んで塩田城の魅力を感じてほしい。
2011/08/01
 
公共交通機関 地図リンク
上田交通「塩田町」下車
城跡までは徒歩40分程度
特記事項