館跡の現況
所在地 長野県上田市前山
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 案内板
史跡指定  
 
建治3年(1277) 北条義政が居館を構える
元弘3年(1333) 鎌倉幕府崩壊とともに館は廃される
 
参考 鎌倉道案内板
 
 塩田城を訪れたときに偶然見つけた鎌倉道の案内板に北条氏の居館について書かれていた。鎌倉幕府の執権北条時宗を補佐していた北条義政は突如出家し、信濃塩田庄に居館を構えた。義政の突然の出家は病のためとか、幕府内の政争などいくつかの説があるも真相はわからない。義政は41歳で没したが塩田北条氏は国時、俊時の3代まで続き、鎌倉幕府の崩壊によって歴史を閉じている。
 塩田北条氏の居城は塩田城とされていたが、発掘調査の結果では鎌倉街道沿いの字竹ノ内と呼ばれる付近に居館を構えていたものと推定され、塩田城はそれ以降に村上氏によって築かれた城と考えられるようになった。旧鎌倉街道と推定される古道沿いに竹ノ内という小字名があり、そこが北条氏の居館の置かれた場所ということが鎌倉街道の案内板には記されていた。
2011/08/01
 
公共交通機関 地図リンク
上田交通「中野」下車
館跡までは徒歩20分程度