大城
 
 
館跡の現況
所在地 長野県上田市手塚
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 手塚太郎光盛が居館を構える
 
参考 信濃中世の館跡/信毎書籍出版センター
 
 篠原の戦いで斎藤実盛と一騎討ちを行なった手塚太郎光盛の居館跡という伝承が残る。討ち取った武者が木曾義仲の命の恩人である実盛の首だったことを知った光盛は悲嘆に暮れた。洛中での乱暴狼藉により義仲は京都を追われたが、光盛も敗走の途中で落命したという。
 館跡は痕跡を留めていないが、観光案内図にも手塚太郎居館推定地と記されており、付近には光盛のものと伝わる五輪塔がある。光盛の居館跡としては下諏訪町の霞ヶ城が挙げられる。自分は両方とも訪れているが、下諏訪と上田ではずいぶんと距離があり、どちらが本当なのかわからない。
2015/12/16
 
公共交通機関 地図リンク
上田交通別所線「舞田」下車
館跡までは徒歩30分程度