天白城
 
 
上の城主郭跡の石積み
所在地 長野県上田市小泉
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 小泉氏が築く
天文17年(1548) 上田原の戦いで村上義清が本陣を置く
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 
地図にも記載される須々貴神社が城跡なのでわかりやすい
道標に従い神社までの石段か山道を登る
この日は足が疲れていたので山道を選択した
神社が下の城にあたるがやや古風に見える
一方、上の城は堀切あり石積みありでやや新しい
堀切の小さく特筆するような遺構はないが
上田原の眺望が素晴らしく村上義清が本陣としたのもわかる
 
須々貴城跡 下の城主郭跡 下の城の腰郭
下の城に残る竪堀 上の城主郭跡の石積 上の城主郭跡
上の城の堀切 上の城の堀切 城跡から上田原を見る
 
 標高576mとそれほど高い山ではないが、この日は笹洞城を皮切りに小泉氏の城館跡をいくつか訪ねた。そのうち山城は須々貴城が3つ目だ。結構な登りが続いたので疲労が蓄積していた。早くホテルで横になりたいと思いつつ山を登り始めた。山頂からの眺望は素晴らしく、眼下に上田原を見渡すことができる。疲れが吹っ飛ぶと言ったらウソになる。ただ、気分は爽快だった。
 小泉氏の居城から死角となる方角を補うために築かれたのだろう。山道はやや荒れていたが迷う心配はなかった。まずは須々貴山神社のある下の城から見る。山道の途中にもいくつかの郭があり、竪堀を通過すると広々とした郭へ出る。それほどの工夫もなく広い空間があるだけだ。
 やや傾斜のきつい山道をさらに登ると上の城へ行ける。主郭跡には小さな石祠があるのみで狭かった。尾根上に小さな堀切がいくつか穿たれていた。どの郭も狭く数人しか籠ることができないだろう。主郭跡の石積みはやや新しいようにも見えるが、明らかにそれよりも古い石積みもあった。驚嘆するような遺構や巧みな縄張りということもない佳作だけど、山頂からの眺めを楽しみつつ吸う煙草は旨かった。
2016/04/02
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
千曲バス「下半過」行きで「山口」下車
登山道入口までは徒歩10分
城跡までは徒歩15分程度
特記事項