城跡遠景
所在地 長野県上田市小泉
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 小泉氏が築く
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 中世の小泉郷を支配した小泉氏の詰め城とされる山城で標高912mもある。地図に表記のある城山は城跡ではなく、城山から南に派生する尾根上に城跡は展開している。高仙寺から大日堂を経て小泉下の城経由で登ることもできるが、下室賀地区から林道に入り終点まで乗り入れたほうが楽だ。林道終点から鉄塔の保線路を利用して城跡まで行くことができる。
 でも登っていない。笹洞城に登ったあと小泉集落まで来たが、上ノ城と下ノ城のどちらへ行こうか迷った。遺構で判断したら上ノ城だが、人間はどうしても楽なほうへ進みたがる。自分も人間だから下ノ城に行くことにした。あとから後悔したけどそれこそ後の祭りだった。上ノ城はそのうちまた訪ねてみたいと思う。
2016/04/02
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
千曲バス「室賀入組」行きで「押切」下車
登山道入口までは徒歩5分
城跡までは徒歩90分程度
特記事項