室賀城
 
 
主郭跡南西の石積み
所在地 長野県上田市上室賀
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 室賀氏が築く
天正12年(1584) 室賀正武は真田昌幸に謀殺され室賀城は廃城となる
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 
室賀水上神社から登山道があり道標も設置されている
城跡までは一本道なので迷わない
道は整備されておらず砂礫質なので滑りやすい
主郭周囲には石積みがよく残るが崩落も進んでいる
いちばんよく残る石積みは主郭跡の南西腰郭の部分だが
足場がかなり悪いというか足の踏み場がないような斜面だ
主郭跡背後の堀切も見事だが道がないので怖かった
その分、廃城当時のままの遺構を楽しめる城だ
観光コースから外れていることもあり人も少ない
じっくりと山城歩きを楽しめる城だった
 
笹洞城跡 登山道入口 腰郭
堀切と二の郭 主郭跡南側の石積み 主郭跡西側の石積み
主郭跡 主郭跡背後の堀切 西尾根の連続堀切
城跡から見る室賀集落 室賀正武の墓
 
 大河ドラマ「真田丸」を見ていたときのことだった。本編終了後に流す紀行風の名所紹介で崩れかけた石積みが写った。室賀氏の居城と集落の風景が放送されていた。それを見たとたんに行こうと決めた。笹洞城のことは恥ずかしながら初めて知った。リサーチしてみると以前は藪山だったが、大河ドラマ放送に合わせて草が刈られ簡単な遊歩道が造られたらしい。
 気がつくと上田駅に来ていた。自分は鉄砲玉のような性格なので逸る気持ちを抑えきれなかった。早く着きすぎたから上田城を散策して、それから千曲川を渡り室賀へと向かった。だらだらとした坂道を登りつめると室賀郷だ。はじめて来る場所だから笹洞城がどの山なのかわからない。室賀温泉まで来ると赤い幟の目立つ山があったのでやっとわかった。風林火山のときもそうだったが大河ドラマの波及効果はありがたいもので、無名の山城も旗や幟がはためくから迷う心配をしなくてすむ。
 砂に足を取られつつ登った城跡は実に良かった。テレビで見た石積みが自分の目の前にある充実感は訪れた者にしかわかるまい。おっかなびっくりで堀切の底へ降り立ったが写真ではその迫力の半分も伝わらない巨大で急傾斜の堀切だった。山頂の主郭跡でお婆さんに出会った。よくぞこんな急斜面の山へ登ったものだ。地元の人しか知らないようないろんな話をしてくれた。おかげで古い室賀氏の墓がある場所を知ることができた。もう来ることはないと思うけれど、この日の達成感は忘れられない。
2016/04/02
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
千曲バス「室賀上組」行きで「室賀温泉」下車
登山道入口までは徒歩5分
城跡までは徒歩20分程度
特記事項