室賀城
 
 
堀切
所在地 長野県上田市上室賀
遺構 堀切
現状 宅地・農地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
鎌倉時代 室賀氏が築く
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 
室賀温泉ささらの湯から西へ入る
原組公民館のある台地が城跡
台地上はすべて宅地と農地になりほとんど遺構はない
 
原畑城跡 堀切 主郭跡
 
 室賀氏は源経基を祖とする清和源氏の末裔という。鎌倉時代から室賀郷を領有し戦国時代まで続いたが、その歴史は小領主の悲哀を感じさせる。村上義清に仕えていた室賀正武は衰退する村上氏を見限り武田氏に仕えた。その武田氏も勝頼の時代に滅んでしまい、織田信長が派遣した森長可に従う。すぐに本能寺の変があり、長可は信濃から撤兵を開始したが、このときに正武はこれを援けている。
 それからの信濃は北条氏直と徳川家康による奪い合いの地となり、上杉景勝も加わり情勢は混沌としていた。誰につけば家名を存続させることができるのか。明日のことも知れない中で必死に生きたのだろうと思う。結局は真田昌幸を盟主としたが、正武と昌幸はしっくりいかなかったらしい。徳川家康の密命を帯びて昌幸暗殺を企てたが、一族の内通により正武は上田城に招かれ斬殺された。
 原畑城は詰め城の笹洞城の南麓にある。長細い台地上に築かれていた城だが遺構は消滅している。大河ドラマの宣伝用の幟がはためいてはいたが、案内板などはなかった。時間の止まったような静かな場所だった。
2016/04/02
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
千曲バス「室賀上組」行きで「室賀温泉」下車
城跡までは徒歩5分程度