二の郭跡の櫓台と堀跡
所在地 長野県上田市岡
遺構 郭・土塁・空堀
現状 岡城跡公園
目標物 標柱・案内板
史跡指定 上田市指定史跡
 
天文年間(1532〜55) 武田氏が築く
 
参考 信州の山城/信毎書籍出版センター・戦国武田の城/有峰書店新社・岡城跡案内板
 
 
主郭跡は宅地造成で壊滅している
二の郭跡の北側が辛うじて残る程度となっていた
堀幅は広いし土塁も高くて立派な城だが
これが完全の残っていたらどれだけ素晴らしかったことか
三日月堀は一部痕跡だけ残っていたが
これも新たな宅地建設により破壊されつつあった
 
岡城跡 二の郭跡の櫓台と堀跡 二の郭跡の土塁
二の郭跡の空堀 東側の三日月堀跡 井戸跡
 
 岡城は武田氏が北信濃攻略のために築いた前線基地だという。兵站地としてはやや狭く感じるが、当時はここに城を築く理由があったのだろう。村上氏の脅威が消えて前線が北上したことでその役割を海津城に譲っている。
 大規模な宅地造成がされた結果、遺構を残す部分だけが岡城跡公園として保存された。二の郭跡の土塁と空堀が残されただけで中心部と丸馬出しは消滅した。城跡の大半が失われているということは事前に知っていたから興味がなかったが、上田市の城館探訪をしたときに立ち寄ってみた。わずかな遺構であってもそこには見事な城があり感動したことを覚えている。それから5年後、浦野城に登ったときにバスの時間待ちをしているときに再び訪れる機会を得た。真夏の青々とした姿も清々しくて好きだったが、夕陽を浴びて輝く晩秋の城跡もいいものだった。
2011/08/01・2016/11/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
千曲バス「青木」行きで「白銀」下車
城跡までは徒歩10分程度