二の郭跡に残る石積み
所在地 長野県上田市浦野
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定 上田市指定史跡
 
戦国時代 浦野氏が築く
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 
浦里小学校から北へ歩くと道標がある
道標い従い登山道を登ること10分ちょっとで城域へ着く
主郭跡は11月半ばでもひどい藪に覆われていた
二の郭跡も同様だが壁面の石積みがよく残っている
広大な馬場跡と段郭もなかなか見事だった
城というよりも神事を司る場所だったらしい
 
浦野城跡 南斜面の腰郭に残る石積み 南斜面の腰郭
馬場跡 馬場跡の石積み 二の郭跡
二の郭跡を廻る帯郭 二の郭跡の石積み 主郭跡
 
 平安時代末期から戦国時代まで当地を支配した浦野氏の居城は美しい紅葉に覆われていた。道標が設置されていたおかげで迷わずに着いた。自分が訪問した時点で特筆したいのは千曲バスの本数が1時間に1本あることだった。地方の路線バスとしては破格の本数だ。
 道標に従い山道を登ること15分足らずで最初の郭へと着いた。図面を見ると南面にいくつもの郭が配置されているが、耕作地として開墾された可能性もある。広々とした馬場跡は気分が良かった。馬場と呼ばれてはいるが浦野氏が祭祀施設として使用していた場所だという。馬場を見下ろすように築かれている帯郭は武士たちが祭礼を見守るための桟敷席だったらしい。道理で日比谷野外音楽堂みたいなかたちをしているわけだ。
 お世辞にも整備されている城とは言い難いが、それが自分たちみたいな者にとっては嬉しい。二の郭の石積みを存分に味わい主郭へ向かうが、自分の背丈よりも高いススキに阻まれた。こうなるとやっぱりもう少し整備してほしいな。
2016/11/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
千曲バス「青木」行きで「出浦」下車
登山道入口までは徒歩15分
城跡までは徒歩15分程度
特記事項