真田山城・松尾城・住連寺城
 
 
主郭跡の土塁
所在地 長野県上田市真田町長
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 標柱・案内板
史跡指定 上田市指定史跡
 
天文年間(1532〜55) 真田幸隆が築く
天正13年(1585) 真田昌幸が上田城を築城し真田本城は廃城となる
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版・真田本城跡案内板
 
 
車道が城跡まであるので車の場合は楽だ
整備も行き届いている半面で堀切が破壊されている
北へ突き出した尾根上に遺構が展開する
二の郭の西側にわずかな石積みが残っている
驚嘆するような遺構は特に見られないが
ここから見下ろす真田郷は綺麗だった
 
真田本城跡 南斜面の段郭 主郭跡の土塁
主郭跡 二の郭跡 二の郭跡の石積み
三の郭跡と堀切 腰郭 城跡から真田郷を眺める
 
 真田本城というセンスのない名称は、この城こそが真田氏の本拠という偉い学者さんの盲信からつけられた名であり、歴代の真田家当主がこの城を居城としたという確証はなく、築城も真田幸隆の時代よりも古いことが発掘調査である程度判明している。城名はなるべく文化財登録されていたり地元の案内表記に従うようにしているけど、真田本城だけはどうにも得心がいかない。
 真田町にはずっと行きたいと思っていた。頭の中の真田町は山深い里という印象があり、訪れる機会がないまま時は過ぎ、合併により真田町の名称すら失われた。大河ドラマに触発されて調べてみると上田市街からそれほど遠くないことを知った。バスの本数も極端に少ないというわけでもない。そうなればあとは行くだけだ。
 遠目にもそれとわかる平坦面が続く山で草木が刈られているのですぐに位置がわかった。遺構についてはごく普通といった印象を持ったが、砥石城がとても綺麗に見えたのが印象的だった。大河ドラマの放送中ということもあり多くの観光客が訪れていた。だからちょっとうんざりしながら城跡を歩いていた。
2016/04/03
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
上田バス「菅平高原」行きで「長小学校」下車
城跡までは徒歩30分程度