御屋敷
 
 
大手虎口の土塁
所在地 長野県上田市真田本原
遺構 郭・土塁・水堀・石積
現状 御屋敷公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 長野県指定史跡
 
永禄年間(1558〜70) 真田幸隆が居館を構える
 
参考 真田氏館跡案内板
 
 
皇大神宮が目印となり御屋敷公園として整備されている
遺構はとてもよく残っており楽しめた
特に土塁の残り具合がなかなかいい感じだ
近くには資料館もあったが立ち寄っていない
 
東門 東門の土塁 南側の土塁
北側の土塁 搦手虎口 大手桝形
 
 真田氏の居館跡として遺構がとてもよく残る場所だった。真田氏はいくつか館を構えているが、ここ以外はいずれも遺構らしいものと出会うことができなかったので、この居館跡に訪れてようやく溜飲が下がった思いだった。
 あまり流行に左右される性格ではないが、真田だけは捨て置けない。一泊二日行程での上田市城館探訪だったが、初日は村上氏に関わる城跡ばかりを訪ね歩いた。二日目は真田町まで乗り込んで松尾古城を皮切りにぶらぶらと途中の城館跡を歩いて回ったから真田氏居館は最後のほうになった。かなり疲れていたために真田館では遺構を見て歩くよりも、ベンチでぐったりしている時間のほうが長かったと思う。
2016/04/03
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
上田バス「菅平」行きで「真田自治センター入口」下車
館跡までは徒歩20分程度