内小屋城・古城
 
 
尾根先端の堂宇
所在地 長野県上田市真田町長
遺構 郭・土塁・堀切
現状 古城緑地公園
目標物 案内板
史跡指定 上田市指定史跡
 
室町時代 横尾氏が築く
天文17年(1548) 上田原の戦いで横尾采女が討死
天正3年(1575) 打越城主真田信綱が長篠の戦いで討死
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版・内小屋城跡案内板
 
 
信綱寺の門前に屏風にように折敷かれた城
東西に伸びる尾根上に展開している
一部が墓地になり改変されているものの
全体的な残存具合は良好だった
 
打越城跡 尾根西端の郭跡 二の郭跡の土塁
主郭跡 主郭跡背後の堀切 堀切と東端の郭跡
信綱寺
 
 信綱寺の入口に黒門があるが、もうここは城内だ。城跡全体が古城霊園と古城緑地公園となり、駐車場や案内板も設置されている。公園といっても遊具や施設が設置されたり植栽がされたりということもなく、一部が墓になったことを除けば当時のまま保存されている。内小屋と呼ばれた信綱寺を中心とした場所を守るための衝立のような城だ。真田幸隆が嫡男信綱を配置したぐらいだから真田郷を守るうえで重要な場所だったのだろう。
2016/04/03
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
上田バス「大倉」行きで「横尾」下車
城跡までは徒歩15分程度