日向畑の中世墳墓
所在地 長野県上田市真田町長
遺構 消滅
現状 公園
目標物 標柱・案内板
史跡指定 上田市指定史跡
 
  歴史不詳
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版・日向畑遺跡案内板
 
 一泊二日の上田旅行での二日目。前日に笹洞城、小泉下ノ城、須々貴城と山城を3つ立て続けに登っている。興奮覚めやらぬというか、夜になってもなかなか寝つけない。眠い目をこすりながら美味しくも不味くもないホテルの朝食をとる。だらだらと身支度を整えチェックアウトを済ませて上田駅からバスに乗り込んだ。二日目の最大目標となる松尾古城へと向かうためだ。大河ドラマ「真田丸」の放映された年だから人だらけだった。それでも松尾古城まで来ているのは自分だけだった。
 バス停から松尾古城を眺めつつ登る道を探す。事前に登山道入口をチェックしていないから現地で手間取る。悪い癖なんだけど現地で探すのも楽しい作業だから気にも留めない。角間橋を越えると白い文化財標柱が見えた。大河ドラマの番宣用に使われている赤い幟が風に靡いている。
 松尾城への登山道入口に柵で囲まれた古い五輪塔が並んでいる。年寄りがゲートボールをするような公園が真田氏の古い居館跡という。特に遺構は残されていないが、崩落防止のためか平石を積んだ石積みがあった。近世に常福院という寺院があったが、今は安智羅明神がぽつんと残るだけだ。ここで少しばかり休憩をとり、頭上に立ちはだかる松尾城へ向った。
2016/04/03
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
上田バス「菅平」行きで「横沢」下車
館跡までは徒歩20分程度