松尾古城
 
 
主郭跡
所在地 長野県上田市真田町長
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定 上田市指定史跡
 
年代不詳 真田氏が築く
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 
南麓の日向畑遺跡から登山道がある
細い尾根は一本道なので迷うことはないが
道の左右は急傾斜の断崖となるので注意深く歩いた
それほど登った時間はかからなかったが
緊張や不安もあるためずいぶんと長く感じた
途中から石積みが出現する
そこからはアドレナリンが噴出してよく覚えていない
平たい石を高く重ねているのが特徴的だ
主郭跡は石積みが四周していて見事だ
その背後にある堀切もまた見事の一言
ここからさらに登れば遠見番所があるがパスした
 
松尾城跡 尾根道 石積
石積 石積 虎口
馬場跡の虎口 主郭跡の虎口 主郭跡
主郭跡の土塁 主郭跡の土塁 主郭跡背後の堀切
 
 一般的には松尾古城と称されているが何をもって古城とするのかがわからない。真田本城もそうだが、昔の学者もずいぶんといい加減な名づけ方をしたものだと思う。まあ、そんなことはどうでもい。この日は松尾城を落とす一念のみで真田町までやって来た。
 千曲川以西の山城を攻めた前日の疲れを引きずりながら真田町行きのバスに乗る。大河ドラマに浮かれて来ている観光客も横沢のバス停に着く頃には誰もいなくなり自分だけだった。バス停から20分ほどで日向畑遺跡だ。登山道はここから続く。いきなり山道は細くなり下を見れば川まで真っ逆さまである。尾根の先端から真一文字の山道を一気に登るのだが、この山は三角定規を立てたようなかたちをしている。つまり尾根の両側は急斜面というわけだ。登ってすぐに真新しい熊の糞が落ちていて気持ちが萎えた。
 途中には岩場もあるが巻き道があるから助かった。やがて傾斜はきつくなり足場が悪くなってきた。相変わらず細尾根の両側は垂直に落ちるような斜面で「落ちたら死ぬなぁ」と呟きながら登った。随分と時間がかかったように思うがデジタルカメラの画像情報を見ると最初の郭まで20分ほどで登り詰めたことになる。そこから主郭までもおそらく同じぐらいの時間で登っていたから麓から主郭まで40分といったところか。
 信州特有の平べったい石を積み上げた堡塁が特徴的だ。これを見るためにはるばる信州まで訪れて朝早くから山登りをしているのだ。主郭跡にたどり着いた時には疲労感よりも達成感のほうが断然上回っていた。ドラマの影響で上田城や真田山城は人だらけだったが、日曜日であってもさすがに松尾城まで来る馬鹿は自分ひとりだ。おかげでこの遺構を独占できたのは嬉しい。ここから300m登ると遠見番所があるが即決でやめた。帰りも岩場は慎重に歩を進めなければならない。麓の日向畑遺跡の休憩所に着いた時は疲れたというよりもホッとした気持ちが大きかった。一仕事終えた後の煙草がとても美味しかった。
2016/04/03
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
上田バス「菅平」行きで「横沢」下車
登山道入口までは徒歩20分
城跡までは徒歩20分程度
特記事項