冠者城
 
 
子檀嶺城跡
所在地 長野県小県郡青木村当郷
遺構 郭・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
天正13年(1585) 真田昌幸が塩田の地侍衆が籠る子檀嶺城を落とす
慶長5年(1600) 子檀嶺城を守る小山田茂誠が徳川秀忠の別働隊を破る
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 戦友から青木村の黒丸城に登らないかという誘いを受けた。この年の4月にも上田市の山城を攻めているが、青木村は初めてなので快諾し、北陸新幹線で上田駅へ向った。この日の目的である黒丸城へ向かう途中、標高1223mを誇る子檀嶺岳が目に飛び込んだ。いったいどこから登ればいいんだろうというのが正直な気持ちだった。
 無論、子檀嶺城へは登らなかったが、小県郡の城跡の図面を持参していたので目を通す。比高差が570mもあるが、その苦労が報われない感じの城である。もちろん眺望は素晴らしいだろうし達成感も半端じゃないと思うが、等高線は寸詰まりだし岩肌の記号が屏風のように連なっている。遺構は小さな郭と小規模な堀切を配しただけの縄張りだ。というかあれだけ高い山だから防備なんぞ必要ないだろう。ハイキングコースがあるので見た目よりは楽に登れるらしいが、誰が登るものかという気持ちしか起きない。
2011/11/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
千曲バス「青木」行きで「出浦」下車
登山道入口までは徒歩60分
特記事項