飯縄山城跡
所在地 長野県小県郡青木村当郷
遺構 郭・土塁
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 朝倉但馬守が築く
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 上田駅から千曲バスで当郷停留所で降りると大法寺の向こうに標高932mの飯縄山が見える。登り口は菅社集落にあるためバス停からは1時間ほど歩かねばならない。阿鳥川神社の角を曲がり坂を上ると途中に黒丸城への登山道入口がある。かなりわかりづらい場所だが、ここから黒丸城を経て飯縄山へ至るのがいちばん楽に思える。
 飯縄山城の伝承は残っていないので時代背景や城主などの特定ができないが、飯縄山から伸びる支尾根上には黒丸城と二場城がある。いずれも朝倉但馬守の城とされているので位置関係からしても双方の城の詰め城と考えて良いかと思う。
 朝倉但馬守という人物についてもよくわからない。越前朝倉氏の流れを汲む人だとは思うがその事跡は伝わらない。武田氏や真田氏が支配した時代にその名が残らないことを考えると村上氏に仕えていた土豪なのだろう。
 車があれば当郷と上田市室賀を結ぶ林道を利用し黒丸城の背後に車を停めて直登することができる。黒丸城へ訪れたときに飯縄山城の図面も入手していたが、果たして城なのかという程度の遺構しか残っていない。二場城の詰め城は黒丸城であり、飯綱山城は最後の砦とも言うべき逃げ込み用の城だからそれほど手を入れることはなかったのだろう。平坦地を並べただけで堀切も穿たれていない。ここは遠目に眺めて写真で記録するのみに留めて次の目的地へと向かった
2016/11/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
千曲バス「青木」行きで「出浦」下車
登山道入口までは徒歩60分
特記事項