朝倉但馬守城
 
 
主郭跡背後の堀切
所在地 長野県小県郡青木村当郷
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定 青木村指定史跡
 
戦国時代 朝倉但馬守が築く
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 
阿鳥川神社の角を東へ入る
途中に登山道入口があるが道標もなくわかりづらい
石碑が並ぶ脇に道があるので見落とさないように
道らしい道はなくひたすら尾根を登るのみ
段郭が見えてくれば城域となる
それほど見栄えのしない遺構が続くが
主郭跡からの眺望が美しかった
そこから北尾根に残る堀切が素晴らしい
連続堀切を形成しているが北側の2つは規模が小さい
直登は大変だが車なら林道で下りればすぐに城跡だ
 
黒丸城跡 登山道入口 南尾根の郭群
竪堀 二の郭跡の堀切 竪堀
二の郭跡 主郭跡 主郭跡背後の堀切
北尾根の連続堀切 黒丸城からの眺望
 
 戦国時代に朝倉但馬守が築いた標高735mの山城である。飯縄山から派生する尾根上には朝倉但馬守が築いたとされる二場城がある。山道を行くこと20分ぐらいで最初の郭跡へ着いた。ここからだらだらとした郭群が続く。ある程度の広さを持った郭だがシャープさに欠ける。二の郭手前の堀切も半ば埋もれているために迫力は感じない。二の郭跡から鋭い切岸を登ると主郭へ至る。案内板が設置され、奥には櫓台があった。ここからの眺望は実に美しかった。11月中旬だったが陽射しもあり風もなく汗ばむほどだった。上着を脱いでシャツの袖を捲り上げたときの心地よさは格別だ。
 こんなものかと思いながら主郭跡から北尾根へ進むと巨大な堀切が現れ、それまでの苦労が吹き飛んだ。画像ではその迫力を伝えることができないほどの大きさだ。紅葉の美しさと相まってしばらく見惚れてしまった。
2016/11/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
千曲バス「青木」行きで「当郷」下車
登山道入口までは徒歩30分
城跡までは徒歩20分程度
特記事項