朝倉城
 
 
北尾根の堀切
所在地 長野県小県郡青木村当郷
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 朝倉但馬守が築く
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 
観音堂から登山道があるらしいが
この日は南に伸びる尾根に取りつき直登した
比高差は80mなのでほとんど苦労はない
南端の郭跡に石積みが見られる
二の郭跡にも石積みがあるが崩落が激しい
主郭跡はほとんど藪化している
図の西側の堀切はほとんど明確ではなかった
その他の堀切もそれほど深さはない
 
二場城跡 南端の腰郭 腰郭の石積み
南西斜面の郭跡 主郭跡の土塁 北尾根の堀切
 
 村上氏に従っていたと思われる朝倉但馬守の持ち城のひとつで小規模な山城だった。大法寺へ向かう途中に尾根への登り口があるがわかりづらい。高さのない城なので適当に当たりをつけて尾根へ出ればすぐに城跡へ着く。車で林道を登ればあっという間に着いてしまうが味気ない。
 郭の削平は綺麗で石積みが見られる。西に伸びる尾根の堀切はほとんど埋もれて痕跡がわかる程度だが、北尾根の堀切はよく残っている。尾根を林道へ向かって歩くともうひとつ堀切があったが、後世の切通しかもしれない。全体的には藪ばかりという印象だ。せっかくの石積みも笹藪のために見づらいのが残念だった。
2016/11/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車
千曲バス「青木」行きで「当郷」下車
登山道入口までは徒歩10分
城跡までは徒歩10分程度
特記事項