祢津城
 
 
三の郭跡の堀切
所在地 長野県東御市祢津
遺構 郭・土塁・石積・堀切
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定 東御市指定史跡
 
天文10年(1541) 武田、村上、諏訪連合軍の侵攻により落城。祢津元直は真田幸隆と上州吾妻へ逃げる
天文14年(1545) 祢津元直、武田晴信に仕え信州先方衆となる
天正10年(1582) 武田氏滅亡。祢津昌綱は徳川、北条、上杉に属した後に真田昌幸に臣従する
元和8年(1622) 真田信之の松代移封に祢津氏も従い祢津下ノ城は廃城となる
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 
祢津集落に城山への道標があり
林道の途中には大手道への入口がある
道はどちらでも良いが林道の途中だと竪堀が見られる
この二重竪堀は城跡から麓近くまで伸びて圧巻だった
石積みはかなり崩落しているがよく残る部分もある
三の郭跡を守る堀切がとても印象深いのと
主郭跡の立派な土塁に見応えを感じた
眺望も素晴らしくもっと長い時間いたかった
手抜きのない重厚な遺構の連続に目を奪われ通しで
今回だけとは言わず何度来ても良いと思う城だ
 
祢津下ノ城跡 北端の堀切 城内の池
三の郭跡の斜面 三の郭跡の土塁 二の郭跡の堀切
二の郭跡の堀切 主郭跡 主郭跡の土塁
主郭跡下の腰郭 腰郭虎口の石積み 北尾根の石積み
二重竪堀 麓まで伸びる竪堀 城跡からの眺望
 
 上信越自動車道から眺める都度登りたいなと思っていた城だった。素晴らしい遺構と見事な眺望が待っていることは知っていた。目の前を通り過ぎるだけでなかなか訪れる機会に恵まれなかったが、ようやくその時がやってきた。それも紅葉真っ盛りの時期に。
 この日のメインは祢津下ノ城だったが、最初に訪問したのでは尻すぼみに終わることが予想されたため、最初に矢立城、続いて祢津上ノ城、最後に祢津下ノ城というラインナップとなった。矢立城が快打を飛ばし、祢津上ノ城がしぶとく繋ぎ、祢津下ノ城がスタンドへ放り込む。まるで昭和60年の真弓、弘田、バースと続く阪神打線のようだった。
 祢津上ノ城から林道を経て心細くなるような道を行く。途中で背の高い草木に阻まれ見失いそうになるが、それを抜けると目の前に下ノ城の堀切が出現した。図面通り池もある。そして立ちはだかる城壁に胸が躍る。わくわくしながら堀底を歩いたり斜面を登ったりするが、アドレナリンが一気に放出されて疲れない。土塁に囲まれた主郭跡はお見事としか言いようがなかった。山頂付近は樹木が伐採されて心が洗われるような眺望が広がる。随所に顔を覗かせる石積みも良いアクセントだ。ひと通り見終えたあとは二重竪堀を歩く。近くで見ると物凄い規模だ。帰りは林道を歩いて下りたが、途中でこの竪堀が仲良く並行している場面に出くわす。どこまでも生真面目に寄り添う二列の竪堀はユーモラスでさえあった。
 名城の多い信州だが、祢津下ノ城は自分の中ではかなりの高評価を与えたい城だった。遺構の規模、造り込みもそうだが、主郭跡から見下ろす景色が本当に美しかった。素晴らしい城跡は何度でも訪れてみたいものだが、祢津下ノ城もそうした名城のひとつになった。
2017/11/09
 
公共交通機関 地図リンク
しなの鉄道「田中」下車
千曲バス「湯の丸高原」行きで「祢津東町」下車
登山道入口までは徒歩15分
特記事項