祢津下ノ城跡
所在地 長野県東御市祢津
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定  
 
南北朝時代 祢津氏が築く
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 木曾義仲の幕下にもその名が見える祢津氏の居城という。居館は城山の麓に幾つかの候補地があるらしい。祢津城はそれよりも時代が下った南北朝時代から室町時代にかけて築かれた山城だろう。祢津氏は海野氏に仕えていたが、海野氏が衰退すると村上氏、武田氏に仕え、武田氏が滅び去ると北条氏と真田氏に仕えている。戦国時代の小領主らしい苦労が垣間見えてくる一族だ。
 祢津城は上ノ城と下ノ城の2つがある。上ノ城は古式であまり魅力を感じないが下ノ城は図面に目を通す限りでは一度は見ておきたい城だ。上田を訪れた帰りに湯の丸サービスエリアで休憩中、遠目に城跡を眺めた。てっぺんが平たくなっていかにも城跡らしい山だった。新幹線が開通してからは上田方面は遠く感じるようになった。もちろん新幹線を利用すればわけないが、在来線華やかなりし時代が懐かしい。
2011/08/01
 
公共交通機関 地図リンク
しなの鉄道「田中」下車
千曲バス「湯の丸高原」行きで「祢津東町」下車
登山道入口までは徒歩15分
特記事項