酔月城・白鶴城
 
 
本丸跡の石垣
所在地 長野県小諸市丁
遺構 城門・郭・土塁・空堀・石垣
現状 懐古園
目標物 石碑・案内板
史跡指定  
 
鎌倉時代 小室太郎光兼が現在の小諸城の東に宇頭坂城を築く
長享元年(1487) 大井光忠が鍋蓋城を築く
天文23年(1554) 武田信玄が大井氏から攻め取った鍋蓋城と乙女坂城を縄張りに取り込んだ小諸城を築く
天正10年(1582) 武田氏滅亡後は滝川一益の持ち城となるが本能寺の変後は依田信蕃が城主となる
天正18年(1590) 仙石秀久が5万石で小諸城主となる
元和8年(1622) 仙石忠政が上田へ移封となり小諸城は甲府藩主徳川忠長の所領となる
寛永元年(1624) 松平憲良が5万石で入封。以後、青山氏、酒井氏、西尾氏、松平氏が藩主となる
元禄15年(1702) 牧野康重が1万5千石で入封し廃藩置県まで続く
 
参考 城郭と城下町/小学館・中部の城/小学館・小諸の文化財めぐり/櫟
 
 
小諸駅を出てすぐに懐古園入口の三の門がある
見学は有料で閉園時間や休園日に注意がいる
石垣は見事だが相当積み直した箇所もあるとのこと
動物園なんかもあってちょっとシュールだ
それでも苔むした石垣はなかなか良いものだ
個人的に気に入ったのは巨大な空堀
周辺を歩いていても穴城というのがよくわかった
観光名所からやや取り残されて寂れているが
その分だけ空いているのが自分には好ましい
 
小諸城跡 大手門 三の門
二の門跡の枡形虎口 二の丸跡の石垣 中仕切門跡
本丸跡の石垣 本丸跡の石垣 天守台
地獄谷 空堀 城跡からの眺望
 
 小諸城は綺麗な城だと思う。いつ来ても静かで古城らしい佇まいを見せている。ついでに言うと浅間山の近くを通るときはいつも雨が降る。過去2回訪れた小諸城はいずれも雨の日だった。そのおかげで雨に濡れた石垣が美しかった。
 JR小諸駅を降りるとそこはもう城跡というのもありがたい。やっぱり遠いより近いほうがずっといい。懐古園に入るとすぐに二の丸跡の立派な石垣に目を奪われるが、この石垣は当時より大きな石材を用いて積み直したという案内書があって少し興醒めした。受付で貰った案内図を見ながら黒門橋を渡り本丸跡へと入った。ここから豪壮な野面積みの石垣が連なる。天守台の石垣は仙石秀久が築いたとされ、見上げると凄まじい迫力があった。
 立派な石垣もさることながら地獄谷と呼ばれる天然の大空堀など、自然地形を巧みに生かした縄張が好きだ。穴城とも言われ、実際に城内を散策していると、どこからも城の中心部を見透かすことが出来ない。小諸駅を挟んだ反対側に仙石秀久が築いた豪壮な大手門が健在だ。はじめて訪れたときは修復工事中だったから再訪したときはじっくり拝んだ。明治維新後は料亭や質屋に転用されたが、仙石秀久が築いた当時の姿が甦った。中世城郭らしさを色濃く残す名城だと思う。今度は晴れた日に見てみたい。
2005/07/16・2011/08/25
 
公共交通機関 地図リンク
JR小海線・しなの鉄道「小諸」下車
城跡までは徒歩3分程度