本丸跡の石垣
別 称 酔月城・白鶴城
所在地 長野県小諸市丁
遺 構 城門・郭・石垣・土塁・空堀
現 状 懐古園
目標物 石碑・案内板
史跡指定  
訪問日 2005/07/16
2011/08/25
 
鎌倉時代 小室太郎光兼が現在の小諸城の東に宇頭坂城を築く
長享元年(1487) 大井光忠が鍋蓋城を築く
天文23年(1554) 大井氏を滅ぼした武田信玄が鍋蓋城と乙女坂城を取り込み小諸城を築く
天正10年(1582) 武田氏滅亡後から本能寺の変を経て徳川家康に仕えた依田信蕃が城主となる
天正18年(1590) 仙石秀久が5万石で小諸城主となる
元和8年(1622) 仙石忠政が上田へ移封となり小諸城は甲府藩主徳川忠長の所領となる
寛永元年(1624) 松平憲良が5万石で入封
慶安元年(1648) 青山宗俊が3万石で入封
寛文2年(1662) 酒井忠能が3万石で入封
延宝7年(1679) 西尾忠成が2万5千石で入封
天和2年(1682) 松平乗政が2万石で入封
元禄15年(1702) 牧野康重が1万5千石で入封
明治4年(1871) 牧野康済のときに廃藩置県を迎える
 
参考 城郭と城下町/小学館
中部の城/小学館
小諸の文化財めぐり/櫟
 
 
JR小海線・しなの鉄道「小諸」下車 徒歩3分
 
 
小諸城跡 大手門 三の門
二の門跡の枡形虎口 二の丸跡の石垣 中仕切門跡
本丸跡の石垣 本丸跡の石垣 本丸跡の天守台
地獄谷の大堀切 空堀 不明門跡からの眺望
 
 数多くの城を見てきたが、その中でも小諸城はとても美しい城だと思っている。いつ来ても静かで古城らしい佇まいを見せてくれるが、浅間山が近いせいか、いつも雨が降っている印象がある。過去2回訪れているがいずれも雨だった。そのおかげで雨に濡れた苔むす石垣を楽しむことができた。
 小諸駅で降りるともうそこが城跡である。懐古園の入口には三の門があり、入園するとすぐに二の丸跡となる。立派な石垣に目を奪われるが、この石垣は現存した石垣よりも大きな石を用いて積み直したという解説があり少し興醒めしてしまった。黒門橋を渡り本丸へ入ると豪壮な野面積みの石垣が連なる。天守台の石垣は仙石秀久が築いたとされ、やや反りを見せるその姿は迫力があった。立派な石垣に目を奪われるが、地獄谷と呼ばれる天然の大空堀のような自然地形を巧みに活用した縄張が見事だ。穴城と言われる小諸城を散策していると、どこからも城の中心部を見透かすことが出来ないことに気づかされる。大井氏を滅ぼした武田信玄は山本勘助に小諸城を築かせたと伝わるが、実際に縄張を担当したのは馬場信春だろうか。
 北条氏を滅ぼした豊臣秀吉は子飼いの仙石権兵衛秀久を小諸に配置した。関東に移封された徳川家康が逆心した場合、中山道で食い止める役割を秀久に託した。秀久は小身だが剛勇で聞こえる武将である。しかし秀吉死後は家康に接近し、徳川秀忠に属して真田昌幸の上田城を攻めた。このときに秀久の嫡男秀範は父と別れて西軍に投じている。真田氏も嫡男信幸は東軍、次男信繁は西軍に属したが、自家保全のためにそうしたのか。もっとも秀範は大坂の陣でも豊臣方として戦っているから、単純に豊臣家の恩に報いるために行動したのだろう。
。小諸駅を挟んだ反対側には秀久が築いた巨大な大手門が健在である。最初に訪れたときは修復工事中だった。再訪したときはその分も楽しんだ。明治維新の廃城後は料亭や質屋に転用されていたが、修復により秀久が築いた当時の姿が甦っている。近世まで存続しながらも戦国時代の気風を色濃く残す名城だと思う。ただ、一度くらいは晴れた日に訪れてみたい。