白鶴城
 
 
小諸城二の丸跡
所在地 長野県小諸市丁
遺構 郭・土塁
現状 小諸城二の丸跡
目標物 石碑
史跡指定  
 
室町時代 大井光安が築く
天文12年(1543) 武田氏の攻撃で落城し新たに築かれた小諸城の一部となる
 
参考 城郭と城下町/小学館・中部の城/小学館
 
 早い話が小諸城の一部であり、別々の城として乙女坂城を紹介するのも水増しするみたいで嫌なんですが、二の丸跡の建つ石碑に旧白鶴城跡なんて刻まれているのを見つけてしまったので小諸城とは別に紹介することにした。
 大井氏が居城とした鍋蓋城の出城であり、武田氏が小諸城を築いてからは二の丸として組み込まれている。小諸城は江戸時代を通じて使用された城だから乙女坂城の遺構がどれぐらい残っているかはさっぱりわからない。
2011/08/25
 
公共交通機関 地図リンク
JR小海線・しなの鉄道「小諸」下車
城跡までは徒歩5分程度