主郭跡
所在地 長野県小諸市本町
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 案内板
史跡指定  
 
長享元年(1487) 大井光忠が築く
天文23年(1554) 武田氏の攻撃で落城し新たに築かれた小諸城の一部となる
 
参考 城郭と城下町/小学館・中部の城/小学館
 
 夏の終わりに小諸を旅した。平原駅で下りて耳取城や与良城を巡り、最後は小諸城をじっくり見て歩いてから宿に入った。夕方まではまだ時間があるので市街地を散策しようと外へ出た。天気がぐずついていたこともあったが8月下旬の小諸は肌寒かった。小諸城の大手門を見たあとに道標に従い小諸宿本陣跡を見物して宿へ戻ろうとしたときに鍋蓋城址の看板を見つけた。そもそも鍋蓋城は小諸城の一部に組み込まれ、江戸時代は鍋蓋曲輪として城代家老の屋敷となっていた。廃城後は市街地となり跡形もない。だから鍋蓋城単体で紹介する予定はなかったのだが、こんな看板見つけてしまったからには独立したかたちで紹介せねばなるまい。
 小室氏を滅ぼした大井氏は富士見城から宇当坂城に居城を移したが、手狭になったため鍋蓋城を築いている。大井光忠の子光安は新たに乙女坂城を築いたため鍋蓋城はその支城となった。結局はどちらの城も武田氏の侵攻によって落城し、新たに築かれた小諸城の一部となった。
2011/08/25
 
公共交通機関 地図リンク
JR小海線・しなの鉄道「小諸」下車
城跡までは徒歩5分程度