大室城
 
 
二の郭跡の石積
所在地 長野県小諸市諸
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 飯綱山公園
目標物 案内板
史跡指定  
 
室町時代 大井氏が築く
長享元年(1487) 大井光忠が鍋蓋城を築き居城を移す
天正10年(1582) 徳川氏の家臣柴田七九郎康忠が上田城攻めの陣を構える
天正18年(1590) 小諸城主仙石秀久の持ち城となる
慶長20年(1615) 一国一城令で廃城となる
 
参考 信州の山城/信毎書籍出版センター・小諸の文化財めぐり/櫟
 
 
小諸高原美術館の駐車場に案内板と城跡への道がある
遊歩道沿いに歩けばほぼすべてを見て回れる
堀切には橋が架けられているが堀幅は健在だ
石積みに関してはどこまでが本物かわからない
特に南斜面の段郭については耕作地と思う
石積みもそれに付随する土留めだろう
中には耕作とは関係ない場所もあり
積み方も落とし積みではないものもある
そんな遺構探しがまた楽しかった
 
富士見城跡 旗塚 四の郭跡の石積
四の郭跡 主郭跡東側の堀切 主郭跡
二の郭跡の土塁 二の郭跡の石積 三の郭跡
南西の腰郭に残る石積 南側斜面 富士見城からの眺望
 
 夏の一日、夕暮れ時に立ち寄ったのが富士見城だった。最初は高校時代の友人と佐久市の城を訪ねた帰り道だった。二度目は同じように上田市の城を巡った帰りだった。どちらも目的地から帰路だから富士見城は夕空を眺めた印象が強い。二度目のときは戦友が「富士見城ってどうですか」と聞いてきたので「なかなか良い城ですよ」と返答した。それなら立ち寄りますかということになり再訪した。
 6年後、前回とは別の戦友が富士見城を見たいという。僕もこの城は大好きなので二つ返事で快諾した。午前8時前には到着したが、相変わらずの爽やかな風景に見とれた。夕方にしか来たことがなかったが、早朝の城跡もまた格別だった。今までよりもじっくりと色々な角度から眺めてみる。石積がどこまで当時のものかはわからない。積み方を見ると近世の落とし積みが多いから、段郭なども桑畑を造成した名残りかもしれない。それらを差し引いても美しい城だと思う。偶然なことに真夏にしか訪れていないが、緑の濃い時期のほうが綺麗に思える。吹き抜ける風もとても涼やかだった。 
2005/07/16・2011/08/01・2017/08/28
 
公共交通機関 地図リンク
JR小海線・しなの鉄道「小諸」下車
小諸高原美術館へタクシーで約8分
城跡までは徒歩3分程度