大室城
 
 
腰郭の石積み
所在地 長野県小諸市諸
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 飯綱山公園
目標物 案内板
史跡指定  
 
室町時代 大井氏が築く
長享元年(1487) 大井光忠が鍋蓋城を築き居城を移す
天正10年(1582) 徳川氏の家臣柴田七九郎康忠が上田城攻めの陣を構える
天正18年(1590) 小諸城主仙石秀久の持ち城となる
慶長20年(1615) 一国一城令で廃城となる
 
参考 信州の山城/信毎書籍出版センター・小諸の文化財めぐり/櫟
 
 
小諸高原美術館の駐車場に案内板と城跡への道がある
遊歩道沿いに歩けばほぼすべてを見て回れる
堀切には橋が架けられているが堀幅は健在だ
どこまでが本物かわからないが
ほとんどすべての郭が石積みで覆われているのが凄い
夏の夕暮れの風がとても心地よい城跡だった
 
富士見城跡 堀切 腰郭の石積み
三の郭跡 二の郭跡の石積み 石積み土塁
主郭跡 堀切と主郭跡 富士見城からの眺望
 
 夏の一日、夕暮れ時に立ち寄ったのが富士見城だった。最初は高校時代の友人と佐久市の城を訪ねた帰り道だった。二度目は同じように上田市の城を巡った帰りだった。どちらも目的地から帰路だから富士見城は夕空を眺めた印象が強い。二度目のときは戦友が「富士見城ってどうですか」と聞いてきたので「なかなか良い城ですよ」と返答した。それなら立ち寄りますかということになり再訪した。
 石積みがどこまで当時のものかはわからない。積み方を見ると近世のような気もしなくはない。耕作地にはうってつけの段郭もあるから鵜呑みにすることはできないけど、この城はとても好きだ。夏の夕暮れに訪れたこともあり吹いてくる風がとても気持ち良かった。闇に閉ざされようとする小諸市街の風景も強烈な印象として残っている。
 例の石積みにしても一部は当時のものだろうと思うし、郭のかたちや堀切は明瞭に残っている。名前の由来となった富士山を見ることは叶わなかったけれど、いつまでもあの美しい城跡の風景を忘れることはないと思う。それぐらいこの城のことが好きになった。
2005/07/16・2011/08/01
 
公共交通機関 地図リンク
JR小海線・しなの鉄道「小諸」下車
小諸高原美術館へタクシーで約8分
城跡までは徒歩3分程度