手白塚城・手城塚城
 
 
手代塚城跡
所在地 長野県小諸市丙
遺構 郭・土塁・空堀
現状 手城塚稲荷神社
目標物 案内板
史跡指定  
 
室町時代 依田安満が居城する
戦国時代 大井氏の家臣長尾安芸守祐景が居城する
 
参考 小諸の文化財めぐり/櫟・手代塚城跡案内板
 
 手代塚城は小諸市街地から西へ歩いて30分ほどの両神地区から栃木川に臨む断崖上に築かれた城である。道路沿いに案内板があり由来や縄張りについて簡単に記されていた。民家の脇から稲荷神社へ向かう細い道があり、下りきった場所が空堀なのだが、8月の雨の日でとても足を踏み入れようとは思わなかった。空堀の写真を撮影してもただの原っぱだ。大規模な空堀なのにもったいない。
2011/08/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR小海線・しなの鉄道「小諸」下車
城跡までは徒歩30分程度