石碑
所在地 長野県小諸市大久保
遺構 消滅
現状 布引温泉こもろ
目標物 石碑
史跡指定  
 
戦国時代 布引城砦群のひとつとして築かれる
天文17年(1548) 武田氏の侵攻により落城
 
参考 小諸の文化財めぐり/櫟・桝形城跡碑文
 
 布引山釈尊寺の寺院勢力を形成した布下氏と楽厳寺氏に呼応した神興寺が寺院を城郭化したものらしい。小諸市街地から千曲川を越えた険しい断崖上に布引観音釈尊寺が建っている。中世には周辺の山々を城郭化した寺院勢力が蟠踞していた地であるが、今では景勝地として別荘や保養施設が数多く建設されている。桝形城も保養施設が建設されたために遺構は破壊されてしまい、布引温泉こもろの入口に城址碑が建つのみだった。
2011/08/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR小海線・しなの鉄道「小諸」下車
小諸市コミュニティバス「いちご平」行きで「布引温泉こもろ入口」下車
城跡までは徒歩1分程度