鷹取城
 
 
空堀と石碑
所在地 長野県小諸市耳取
遺構 郭・土塁・空堀切
現状 農地
目標物 石碑
史跡指定  
 
寛元年間(1243〜46) 大井行氏が築き耳取大井氏の居城となる
天文年間(1532〜54) 大井氏、佐久侵攻を開始した武田氏に降る
天正11年(1583) 大井政成、小諸城主依田康国に仕える
天正18年(1590) 依田康勝、上野藤岡へ移封となり耳取城は廃城となる
 
参考 信州の山城/信毎書籍出版センター・小諸の文化財めぐり/櫟
 
 
土塁 土塁 空堀
 
 耳取城は巨大だった。正直に言うと大きすぎてよくわからない城だった。雨降りだったのでストレスの溜まる城郭探訪だった。軽井沢で新幹線からしなの鉄道へ乗り換えたときにはもう雨が降っていた。平原駅から城巡りを開始したときには本降りとなる。まだ、スマートフォンを持っていない頃だから傘と地図を両手に持ち、首からカメラをぶら下げた姿で重いリュックを背負いながら歩いた。耳取集落まで来たときには疲労とストレスも限界に達しており、早く宿に着いて横になりたい気持ちでいっぱいだった。
 初日の最大目標として掲げていた耳取城だったが、石碑を撮影し道路沿いの土塁や空堀を歩いてみたものの、小諸地方独特の田切りと呼ばれる自然地形と人工的な地形との区別がつかず、空堀も広すぎて堀底にいることさえわからなかった。こんな城は秋晴れの日にのんびりと歩いてみたい。
2011/08/25
 
公共交通機関 地図リンク
JR小海線・しなの鉄道「小諸」下車
千曲バス「望月」行きで「耳取」下車
城跡までは徒歩5分程度