御影陣屋跡
所在地 長野県小諸市御影新田
遺構 消滅
現状 御影天領の里
目標物 石碑・案内板
史跡指定 長野県指定史跡
 
元禄12年(1699) 天領支配のために陣屋が築かれる
寛延2年(1749) 中之条陣屋の出張陣屋として再び陣屋が置かれ廃藩置県まで存続
 
参考 御影陣屋跡案内板
 
 しなの鉄道の平原駅で下りたとき、そのローカルムードが強く印象に残りました。貨物車を再利用したような簡易駅舎があるだけの無人駅です。写真撮影しておけば良かったなぁ。小雨がそぼ降る中、御影陣屋へと向います。30分程度で着きましたが、このあたりまで来ると郊外型の大型店舗などもあり街らしい感じでした。さらに歩くと天領の里と刻まれた石碑が建つ陣屋跡へ。陣屋跡は史跡公園となり芝生の上に遊具やベンチが置かれているだけで遺構などはありません。
2011/08/25
 
公共交通機関 地図リンク
しなの鉄道「平原」下車
陣屋跡までは徒歩30分程度