空堀
所在地 長野県小諸市八満
遺構 郭・土塁・空堀
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
鎌倉時代 平原景能が築く
戦国時代 依田全真の居城となる
 
参考 信州の山城/信毎書籍出版センター
 
 
土塁 土塁 空堀
 
 上田市の城館探訪の帰りに立ち寄った。すでに日が傾きはじめ、夜の帳が降りようとする時刻だった。小諸地方独特の田切り地形を利用した広大な面積を誇る城だそうで有利小屋城、秋葉城、太鼓城と呼ばれる郭を中核として多数の郭を織り交ぜて形成された複雑なかたちの城だ。残存していたらさぞ楽しいだろうと思うが、地形の複雑さが災いして今では破壊と荒廃が進んでいる。
 たくさんの郭と堀が縦横に廻る回廊のような城で、復元図を見ても興味をそそられる縄張りだ。現状は墓地や工場、宅地となり石碑や案内板も見かけなかった。お化けが出るような暗さの中を遺構を探し求めてさまよったが、藪蚊がいるだけで土塁などはごくわずかだった。幅広い空堀はなかなか見事でもう一度明るい時間に見てみたいと思った。あれ以上の破壊がなければいいんだけど。
2011/08/01
 
公共交通機関 地図リンク
JR小海線・しなの鉄道「小諸」下車
千曲バス「軽井沢」行きで「平原下宿」下車
城跡までは徒歩5分程度