岩村田館
 
 
王城跡
所在地 長野県佐久市岩村田
遺構 郭・土塁・堀切
現状 王城公園
目標物 案内板
史跡指定 長野県指定史跡
 
鎌倉時代 大井朝光が築く
文明16年(1484) 村上氏の攻撃により焼失し大井氏は滅亡
 
参考 信州の山城/信毎書籍出版センター・大井城跡案内板
 
 
大井城跡 案内板  
 
 大井城は石並城、王城、黒岩城と呼ばれる3つの城から形成されています。甲斐源氏小笠原長清の七男朝光が佐久郡大井庄を領地として大井氏を名乗りました。当初は北端の石並城を居城としていましたが、南へ拡張されて今の姿となったわけです。
 室町時代に大井氏は全盛を迎えており甲斐へ攻め込み武田氏と交戦するほどの武威を届かせていましたが、村上氏の急襲を受けて大井城は城下町とともに焼失し大井氏の宗家は滅亡しました。支族によって再興された大井氏は武田氏の支配を受けました。
 車なら佐久インターチェンジからすぐです。王城は公園化による破壊が顕著で遺構はほとんど見られません。黒岩城も大部分が宅地や農地となり消滅しています。石並城は土塁や堀が残されていますが、ここも大部分が農地でした。期待していたのですが、肩透かしを食らった印象です。
2005/07/16
 
公共交通機関 地図リンク
JR小海線「岩村田」下車
城跡までは徒歩15分程度