伴野館・野沢城
 
 
主郭跡の土塁
所在地 長野県佐久市野沢
遺構 郭・土塁・水堀
現状 大伴神社
目標物 案内板
史跡指定 長野県指定史跡
 
鎌倉時代 伴野六郎時長が居館を構える
弘安8年(1285) 霜月騒動に連座し伴野氏は一時失脚する
文明11年(1479) 伴野氏、大井政朝を破り生け捕りとする
天正10年(1582) 本能寺の変後、依田信蕃の攻撃により伴野城も焼かれ廃城となる
 
参考 信州の山城/信毎書籍出版センター
 
 
櫓台の土塁 虎口の土塁 西側の土塁と堀跡
水堀 南側の水堀と土橋  
 
 高校時代の旧友と出かけた佐久は生憎の雨模様だったが、伴野城に着いたとき空は曇天に変わっていた。人影もなく静かな佇まいを見せる城跡はとても美しかったことをよく覚えている。居館から平城へと発展を遂げた城だが、埼玉県内でもよく見られる方形居館そのものだった。だから何となく懐かしい感じを覚えつつ歩いた。
 戦国時代の終わりには焼け落ちて廃城になっている城だが、今も土塁を中心に面影を伝えていると思うし、城下町らしい落ち着いた雰囲気は好ましく思えた。上田や小諸、それに松本へはよく出かけているが、それより近い佐久はなかなか再訪する機会が訪れない。伴野城はもう一度行きたい。
2005/07/16
 
公共交通機関 地図リンク
JR小海線「中込」下車
城跡までは徒歩15分程度