勝間反ノ砦・桜井山城
 
 
郭跡
所在地 長野県佐久市勝間
遺構 郭・土塁
現状 稲荷山公園
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
天文年間(1532〜54) 武田氏が佐久侵攻時に築く
天正10年(1582) 徳川家康が松平家忠に稲荷山城の修築を命じる
天正13年(1585) 上田城の戦いで真田昌幸に敗れた徳川軍が稲荷山城へ撤退する
 
参考 戦国武田の城/有峰書店新社
 
 
稲荷山城跡 切岸のような・・ 虎口のような・・
 
 佐久地方の要衝だった城で度々軍勢の駐屯地となっている。それなりに歴史のある城だから雨の中を訪ねてみた。千曲川に架かる臼田橋からロケットのようなコスモタワーが見える。遠目に眺める風景そのまま遺構は公園化によりほぼ壊滅していた。
2005/07/16
 
公共交通機関 地図リンク
JR小海線「臼田」車
城跡までは徒歩15分程度