島崎城
 
 
復元天守
所在地 長野県諏訪市高島
遺構 城門・郭・土塁・水堀・石垣
現状 高島公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 諏訪市指定史跡
 
文禄元年(1592) 豊臣秀吉の家臣日根野高吉が築城
慶長6年(1601) 諏訪頼水が2万7千石で入封
明治4年(1871) 廃藩置県を迎える
 
参考 よみがえる日本の城/学研・城郭と城下町/小学館・中部の城/小学館
 
 
本丸跡の石垣と水堀 桝形門 枡形門の石垣
復興された隅櫓 石垣 三の丸跡の移築城門
 
 高島城には中学2年の林間学校のときに訪れている。記憶が曖昧だが幼少の頃に家族旅行でも訪れており、丸い顔をした自分が写真に写っている。だから合計で4回も訪れたことになる。写真に映える美しい城だと思う。復元天守は古写真に残る在りし日の姿を忠実に復元した出色の出来栄えだ。復興された城門と櫓も良い感じなのだが、見せ場はここまでで城門をくぐって本丸内部へ入るとかなり落胆する。言うなればハリボテみたいな城だ。
 築城当時は諏訪湖に浮かぶ城だった。湖に石垣を築くなんて大変だと思うし、実際に日根野高吉は重税を課して苛烈な労働を強いたらしい。おそらく逃散する農民もいて江戸時代になるとすぐに下野壬生へ飛ばされた。代わって故郷に返り咲いた諏訪頼水が周囲を干拓して現在の姿となった。
 久しぶりに訪れたのは雪もちらつく厳寒の季節だった。これはこれで綺麗だったが、再訪時の緑に覆われて陽射しを浴びた姿も見事だった。このときは二泊三日で諏訪に一人旅した初日でゆっくりと散策することができた。
2005/01/15・2014/06/03
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「上諏訪」下車
城跡までは徒歩15分程度