高嶋城・手長山城
 
 
手長神社と段郭
所在地 長野県諏訪市上諏訪
遺構
現状 宅地
目標物 石碑・案内板
史跡指定  
 
文明年間(1469〜87) 諏訪氏が築城
文明15年(1483) 諏訪上社と下社との争いで金刺氏が攻め落とす
天文18年(1549) 諏訪氏を滅ぼした武田晴信の家臣板垣信方が諏訪郡代として入城する
天正10年(1582) 武田氏滅亡後、河尻秀隆の家臣弓削重蔵が入城する
本能寺の変後、諏訪頼忠が旧領奪回に成功
文禄元年(1592) 日根野高吉が諏訪湖に高島城を築城し茶臼山城は廃城となる
 
参考 茶臼山城跡案内板
 
 
石碑 主郭跡 帯郭
 
 戦国時代の諏訪の中心として諏訪氏が居城とした城で城址碑にも高嶋城跡と刻まれているが、混同を避けるため茶臼山城として紹介する。諏訪氏が滅びた後も武田氏の重臣板垣信方が諏訪郡代として政務を執った城だけあって広大な城域だったらしいが、駅に近い諏訪湖を見下ろす高台ということが災いしてか、住宅地や旅館などが建ち並んでいた。遺構としては手長神社がある斜面に段郭が残る程度となっている。街角に案内板があるが、付近の城砦も記されていたのが有難かった。
2005/01/15・2014/06/03
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「上諏訪」下車
城跡までは徒歩15分程度