高鳥屋城・水晶城
 
 
主郭跡
所在地 長野県諏訪市四賀
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板
史跡指定 長野県指定史跡
 
室町時代 上原城の支城として桑原氏が居城する
天文11年(1543) 武田晴信が諏訪侵攻を開始する。諏訪頼重は上原城を出て桑原城へ逃亡する
 
参考 戦国武田の城/有峰書店新社・桑原城跡案内板
 
 
四賀の交差点から足長神社へ続く坂道を登ると
途中で城跡入口の看板があり登山道がついている
舗装された道は途中で土の道となる
道なりに歩くと堀切の案内表示があり城域へ入る
東郭には首塚と呼ばれる盛り上がりがあるが
誰の首塚なのかはわからない
広々とした主郭にはうっすらと土塁の痕跡がある
二の郭からは諏訪湖がとても綺麗に見えた
南西尾根にも段郭があるようだが夏草に阻まれ断念
 
桑原城跡 堀切 東郭跡
堀切 二の郭跡 二の郭跡の土塁
主郭跡 主郭跡の土塁 城跡から見た諏訪湖
 
 一人旅は大好きだが日帰りが多いし、宿泊してもせいぜい一泊なのだが、このときははじめて一人で二泊三日の旅に出た。どういう経緯で真夏に近い諏訪を選んだのかは今もってわからない。覚えているのは訪問した城の数がいよいよ1500に近づいたということだ。節目だからちょっと頑張ってみようと思ったのだろう。だけども桑原城を選んだ理由はよくわからない。
 上諏訪駅に着いて茶臼山城とその周辺にある砦を訪ね歩き、高島城へ立ち寄り少し休憩を入れる。この時点であと1城となっていた。上原城は前にも来たことがあるし、石碑や案内板だけの城も内野安打かポテンヒットみたいで嫌だった。やっぱり山城がいいよなぁということで桑原城を選んだ。選択に狂いなしで充実した記念の訪問になった。それほど大きな城じゃなかったけど自分好みのまとまった城跡だった。何より諏訪湖方面の眺望がとても綺麗だった。あまりに暑いし誰も来ないから上半身裸になって寝ころんだ。それにしてもなぜ自分は夏に盆地を選んだのだろう。
2014/06/03
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「上諏訪」下車
諏訪バス「茅野」行きで「四賀出張所前」下車
登山道入口までは徒歩25分
城跡までは徒歩20分程度
特記事項