片山古城
 
 
武居平
所在地 長野県諏訪市中洲
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定  
 
元徳2年(1330) 諏訪時重が築く
文明16年(1484) 大祝継満が武居城を修築し諏訪惣領家と対峙する
天文11年(1542) 武田氏の諏訪侵攻で落城
天正12年(1584) この頃廃城となる
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 
武居城跡 武居平 武居平からの眺め
 
 諏訪大社上社前宮のすぐ西に位置する城で前宮を挟んで干沢城と相対している。度重なる諏訪氏の内紛で使われた城であり、現地の城跡を訪ね歩くと本当にご近所同士で対立し、ときには合戦にまで発展していたことがわかる。
 居館跡は武居平と呼ばれる平らな台地だった。11月の澄み切った空気が冷たくも心地よい。武居平の南にある山城部分は時間の都合で登らなかったけど、それなりに遺構が残っているし自分が訪れた頃よりも里山の文化財として整備がされている。
2005/11/19
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「茅野」下車
市内循環バスで「わかされ」下車
城跡までは徒歩30分程度
特記事項