天狗山城
 
 
主郭跡背後の堀切
所在地 長野県諏訪市豊田
遺構 郭・土塁・堀切・石積み
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定  
 
承久年間(1219〜22) 有賀氏が築く
天文17年(1548) 武田氏の諏訪侵攻で落城し原虎胤が入城する
慶長6年(1601) 諏訪氏の家臣千野丹波守房清が麓に居館を構える
 
参考 信州の山城/信毎書籍出版センター
 
 
江音寺から登山道があり15分ほどで主郭へ至る
案内板も設置されており道も綺麗だった
段々に配置された郭跡や横堀が印象的
主郭跡の前後を巨大な堀切で厳重に守っている
土塁も規模が大きくて見どころだ
諏訪湖の眺めがとても綺麗だった
 
竪堀 四の郭跡 三の郭跡
二の郭跡 二の郭跡の石積み土塁 横堀
主郭跡の土塁 主郭跡の土塁 城跡から見る諏訪湖
 
 この頃、何度か諏訪を経由して信州の城跡を訪ねているが、このときは高遠へ行く往路に立ち寄ったはず。早朝のひんやりした空気の中、江音寺に車を停めさせてもらった。有賀城への道標に従って山道を登ろうとしたとき、境内を清掃していた男性が「有賀城は諏訪湖の眺めが綺麗ですよ」と誇らしげに語ってくれたことを覚えている。少し急な山道を登ると段郭が連なるのがわかる。郭跡や竪堀などの遺構には案内板があって親切だった。
 主郭跡の土塁と背後の堀切の大きさが今も忘れられないぐらいインパクトがあった。それと登る前に話した男性の言葉通り諏訪湖方面は樹木も伐採されて見晴らしが良かった。言葉に偽りなしの見事な眺めだ。城跡としても満足できたし目の保養にもなった。ここはとても良い城だ。
2005/11/19
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「上諏訪」下車
諏訪バス「有賀」行きで終点下車
登山道入口の江音寺までは徒歩15分
城跡までは徒歩15分程度
特記事項